先端エネルギー理工学専攻 総合理工学府アクセスマップ English
学生募集 サイト内検索 Facebook
topabout aeeslaboratoryadmissionsyllabusemployment

プラズマ・量子理工学メジャーについて

(総合理工学府 総合理工学専攻 Ⅱ類 [ネルギー科学]パンフレットより抜粋)

現在、物質・エネルギー・環境の「エネルギー」分野として、化石資源を前提としたエネルギー供給や消費電力を考慮しない性能向上の時代は終わり、持続可能な社会にむけた省電力機器やエネルギー源の開発が急務となっています。

プラズマ・量子理工学メジャーにおいては、持続可能なエネルギー源として、核融合を利用し た核融合炉実現に向けた基礎研究を行っております。さらに、宇宙等の極限環境から始まった半 導体の宇宙線による誤作動に関する研究や、プラズマを用いたスラスタなどの宇宙要素技術の開発、さらにプラズマの反応性の高さに注目された生態とプラズマの相互作用に関する研究など、 プラズマや高エネルギー粒子の多角的利用を目的とした新型エネルギー開発ならびにその基礎学 理に関する学術的な教育と研究を行っています。

類分類:メジャー制度について

九州大学大学院総合理工学府は、令和3年4月1日より、5つの専攻を1つに統合し「総合理工学専攻」としての新たなスタートを切りました。また新たな入試制度を導入し、枠(類)を3つとし、入学後の教育課程(メジャー)は、6つとし、より専門を学べる仕組みになっています。

私たち「プラズマ・量子理工学メジャー」は、入学後の教育課程(メジャー)の一つとして、 プラズマ科学や量子科学を用いて、新規エネルギー開発から環境共生型材料開発まで、高エネルギー基礎・応用分野の先端領域で活躍する研究者、高度専門技術者を育成します。

パンフレット Ⅱ類は、プラズマ・量子理工学メジャーとデバイス理工学メジャーの二つで成り立っています。詳細は、Ⅱ類:エネルギー科学のパンフレットをご覧ください。

https://www.tj.kyushu-u.ac.jp/information/file/pamphlet-II2021.pdf


専攻について

先端エネルギー理工学専攻

 

 

 
人口の増加と生活水準の向上によるエネルギー消費量の急激な増加は、現状のような化石資源への依存を続ける限り人類社会の発展が遠くない将来に危機を迎えざるを得ないことを示しており、環境保全を前提としたエネルギー源の開発が急務となっています。
 先端エネルギー理工学専攻では、核融合を利用した先進的核エネルギーの開発や水素、太陽エネルギーなどの多角的利用を目的とした新型エネルギー開発ならびにその基礎学理に関する学術的な教育と研究を行い、エネルギー問題の解決に向け、指導的役割を担う広い視野と創造力を持った研究者や技術者を養成します。
本専攻には、大学院総合理工学研究院からの2講座に応用力学研究所からの2講座、さらに連携講座の計5つの大講座があり、13の研究室に分かれ核融合、水素、太陽などを利用する先端的エネルギーの開発に結び付ついた研究をはじめ、原子力材料、極限材料などの材料開発に関連した研究を行っています。


|

大講座 教育分野
 高密度エネルギー理工学  高エネルギー応用力学
 極限材料工学
 先端エネルギーシステム開発学  エネルギー化学工学
 エネルギー物理工学
 先進宇宙ロケット工学
 炉心理工学  高エネルギープラズマ力学:(基礎プラズマ).(材料)
 核融合プラズマ理工学
 先進プラズマ制御学
 高エネルギー物質理工学  シミュレーションプラズマ物理学
 高エネルギー極限物性学
 非線形物質運動学
 プラズマ材料学:(プラズマ).(材料)
 先端エネルギーシステム学  原子・分子・光科学分野
 プラズマ科学分野
 高強度レーザー科学分野

 

専攻の教育

 

 先端エネルギー理工学専攻は、2つのサブグループ(プラズマ系とシステム・マテリアル系)から構成され、核融合を利用した先進的高密度エネルギー開発、水素や太陽エネルギー等の新エネルギー開発、それらに関連した基礎学理に関する学際的な研究と密接なつながりを持った大学院教育を実施しています。
 基礎学力の充実、幅広い科学的素養と専門知識の修得、課題探求能力や実践力の強化により広い視野と創造力を持った次世代の技術者や研究者の育成を目指した教育カリキュラムに基づき、大学院生の教育・研究指導を行っています。
 修士課程1年前期には、必修科目(プラズマ概論、エネルギー輸送概論、エネルギー工学概論)と基礎選択科目を履修することで、先端エネルギー理工学関連分野の基礎を学びます。1年後期以降は、それぞれのサブグループに関連した専門科目を履修することで高度な専門性や実践的応用力を身につけることができます。1年次から研究室で実施される実験、演習、ゼミを通じて、修士論文の課題研究に着手し、学会発表や論文執筆を経験することにより、表現能力やコミュニケーション能力を鍛え、広く世界と交流し情報発信できる力を養うことができます。修士課程2年間の成果は、最終的に修士論文の形で結実することになります。

 博士後期課程では、国際的に高い水準の研究活動を行う機会を提供し、国内外で指導的役割を果たす研究者や技術者を育成しています。

 


Copyright(c) 九州大学大学院 総合理工学府 先端エネルギー理工学専攻 All Rights Reserved.