先端エネルギー理工学専攻

九州大学大学院 総合理工学府 TOPお問合せ English

HOME先端専攻について講座について入試情報授業スケジュール就職情報アクセスマップ研究施設リンク

先端専攻

 

在学生の声
金君


金君

藤澤・永島研究室  博士後期課程 2年  金 史良

1) 経歴
私は筑波大学から先端エネルギー理工学専攻に入学しました。学部でもプラズマの研究をしていましたが、特にプラズマ乱流の研究に興味があったことから、本専攻への入学を決めました。博士課程への進学は迷いましたが、研究への興味が勝り進学を決断しました。

2) 研究活動
私の研究室は小型直線プラズマ装置を用いての実験・解析を行っています。小型装置はマシンタイムの制約がないため、年中実験できる利点があります。またプラズマ理論・シュミレーションの研究室と共に研究を進めているため、実験データの考察や解析などを気軽に議論できます。博士後期課程では、海外で研究する機会もあります。私は昨年度ドイツの研究所に3ヶ月留学し、トーラス型装置のデータ解析を行いました。このように私の研究室は、とても恵まれた研究環境だと思います。やる気があれば先生方はどこまでもサポートして下さいます。

3) 大学院での生活
修士1年次には講義があり、基礎的な部分から専門的なことまで幅広く勉強します。それ以外は研究活動が中心となり、殆どの時間を研究室で過ごすことになります。そのため研究室毎によって生活様式は変わってくると思います。私の研究室は自由な雰囲気があり、皆思い思いの時間の使い方をしています(バイト,サークル,習い事等)。私は研究以外では、サッカーやテニスなどの運動をしています。

4) 進学を目指す方へ
大学院は研究室毎への依存度が大きいです。自分の興味のある研究だとしても、研究室の雰囲気や方針が合わなかったら居心地が悪いですし、反対に雰囲気が良くても、興味のない研究であれば修論時期に辛い思いをします。そのため、進学前に研究室訪問をすることをお勧めします。また博士後期課程進学を考えている方、welcomeです。本専攻に博士学生が増えたら嬉しいです。



先頭に戻る



林研究室  修士課程 1年  安部 瑛美夏

 私は九州大学工学部エネルギー科学科を卒業し、先端エネルギー理工学専攻に入学しました。学部4年生のときから筑紫キャンパスの研究室に所属していたので今年で筑紫キャンパスでの生活は二年目となります。この専攻には私のように学部生から研究室に所属している者もいますが、他大学や他国からの入学者も多く機械系や電気系等さまざまな専門分野から人が集まってきます。私は現在プラズマの基礎分野における研究を行っており、実験では試行錯誤を繰り返しながらこれまで誰も知らなかった事実を明らかにしてみせるという思いを持って取り組んでいます。先生方や先輩方と意見交換をしながら、研究に没頭することができる、これが大学院での醍醐味だと思います。

 実験で得た結果を正しく考察するためにも自分の専門分野に関する知識を学ぶことが重要になります。私の場合、大学時代はプラズマに関する授業が少なく、これまでなかなか学ぶ機会を得られませんでした。しかし、先端エネルギー理工学専攻ではプラズマに関しての授業が必修科目となっており、プラズマに関する知識を学べる機会が設けられています。また、大学院1年前期 にはプラズマ以外にも多くの授業を選択ことができるので、早いうちから様々な知識を得ることができます。どの授業も基本から教えてくれるので、他専攻からの進学の方でもわかりやすいものとなっていると思います。

 時には研究や授業の息抜きが必要となることもあると思います。先端エネルギー理工学専攻のある筑紫キャンパスには自然も多く、春には桜、秋には紅葉を楽しむことができます。季節を感じながら学生生活を送ることができるのは筑紫キャンパスならではだと思います。また、毎年専攻全体でのバーベキューが開催されており、そこでは多くの人が研究室を超えての交流を行い、広い交友関係を築いています。九州大学以外からの進学者が多い専攻ですが、このような機会を通してみんな仲良くなっています。

 最後に、先端エネルギー理工学専攻では核融合や宇宙ロケットなどプラズマのほかにも様々な研究が行われています。充実した大学院での生活にするためにもホームページやオープンキャンパスを通して自分のやりたい研究を見つけてもらえたらと思います。



先頭に戻る



林研究室 修士課程 1年 宮丸 由紀恵

1)経歴
私は九州大学工学部エネルギー科学科から、先端エネルギー理工学専攻に進学しました。本専攻には、私のように内部進学の学生もいますが、約半数は外部から進学してきた学生で、電気系、機械系、物理系などさまざまなバックグラウンドを持った学生が集まっています。

2)研究活動
私は学部時代にプラズマの医療分野への応用の研究を行っており、本専攻に進学してからも引き続き同じ研究を行っています。プラズマ医療の研究には、プラズマに関する知識と生物学の知識が必要になります。私は今の研究室に配属されるまでこれらの勉強をしたことがほとんどありませんでした。しかし、プラズマに関しては、指導教員の先生から教わるだけでなく、講義を通して基礎的な部分から核融合など医療分野以外の応用について多くの先生方から学び、深い知識を得ることが出来ました。生物学に関しては、共同研究先の医学部の先生や同じ研究室の先輩の助けを借りながら勉強をし、研究に必要な知識を得ることが出来ました。また、多くの学会に参加する機会を与えてもらい、そこで同じ分野の研究をしている他大学の先生方や学生からアドバイスを頂いたり意見交換を行ったりすることでさらに理解を深めています。

3)大学院での生活
大学院ではほとんどの時間を研究室で過ごします。私の研究室は、指導教員の先生から研究内容や方針に関するアドバイスを頂きながら、基本的には自分がやりたい研究を自由に行うことが出来ます。そのため、研究計画をしっかりと立てて研究を行えば、研究以外の趣味などに十分に時間を作ることも可能です。私は平日の夜や休日には趣味の楽器の練習をしたり演奏会に出たりして、研究とのバランスを取りながら生活をしています。

4)進学を目指す方へ
研究室のホームページだけでは実際の研究室の雰囲気や詳しい研究内容などは分からないと思います。そのため、実際に研究室を訪問して、その研究室が本当に自分に合っているのかを確かめると良いと思います。また、5月に行われるオープンキャンパスでも研究室の先生や学生から詳しい話を聞くことが出来ると思うので、ぜひ足を運んでみてください。



先頭に戻る
 
卒業生の声
九州工業大学 宇宙環境技術ラボラトリー   増井 博一

 私は九州工業大学の機械知能工学科を卒業後に先端エネルギー理工学専攻に入学しました。宇宙推進機の研究に興味があったので、この専攻を選びました。研究ではプラズマや電気の知識が必要だったのですが、学部時代は機械系だったので当初は苦労しました。しかし、講義はプラズマの基礎が一通り網羅されており、知識不足はカバーできました。もちろん、自分の研究の分野の勉強も必要でした。
宇宙推進機の研究には幅広い知識が求められます。研究が進む度に必要とされる知識を学ぶ必要がありました。私が所属していた研究室は、学生が自ら考え、研究を進めていくという気質が特に強く、自由な雰囲気の中で研究が出来ました。おかげで、プラズマだけでなく、機械工作や電気回路等の知識を得る事が出来ました。現在はプラズマだけでなく真空、振動といった実際に宇宙システムが打ち上げから寿命を終えるまでに経験する環境についての研究、試験を行なっています。学生時代に身につけた幅広い知識が有るからこそ現在の仕事を続けられていると思います。
先端エネルギー理工学専攻では「プラズマ」や「核融合」に関連する事が主な研究対象というイメージかも知れませんが、根底にあるのは材料力学や電磁気学といった機械・電気工学です。知識を幅広く学ぶ事が出来るので、どんな就職先でも活躍出来ると思います。



 
先頭に戻る
石黒 民間企業就職 石黒 正貴

1) 先端エネルギー理工学入学・進学について
私は九州大学工学部エネルギー科学科から、先端エネルギー理工学専攻修士課程に進学し、博士後期課程修了まで5年間を筑紫キャンパスで過ごしました。エネルギー科学科出身生の多くは、学部時に所属していた研究室に進学することが多いのですが、私が進学先に選んだ研究室はエネルギー科学科とは関連がなく(学部生の採用がない)、大学院進学に際しては多少特殊な例かと思います。先端エネルギー理工学専攻には、私の所属していた研究室のように学部とのつながりがない研究室が数多くあり、内部、外部の別なく、学生を採用しています。どの研究室も面白い研究を行っていますので、進学先の研究室を考える際に、一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

2) 大学院での生活
大学院での生活では、やはり研究がメインになってきます。修士課程入学後は、最初の半年こそ講義があるものの、それが終われば、多くの場合大学にいる時間の殆どを研究室で過ごすことになります。従って、生活のリズムは各研究室の方針によって大きく左右されるかと思います。私の場合は、特に時間の制約のない研究室に所属していたため、時間の使い方に関してかなり自由度が高く、公私ともに充実した毎日を送ることができました。

 

3) 研究活動
私は核融合発電炉の開発を目指したプラズマ閉じ込めに関する研究を行っていました。先端エネルギー理工学専攻には、QUESTという国内でも有数の核融合プラズマ実験装置があり、規模の大きな装置を用いて研究ができたことは得難い経験だったと思っています。研究の進め方としては、私の場合、実験とシミュレーションがその両輪となりました。実験により得られた計測結果を上手く説明できるように、その実験時に起こっていたと思われる現象のシミュレーションを行い、さらにそのシミュレーションにより得られた別の結果が、実際に起こるかを実験で調べる…といったことの繰り返しで研究が進んでいく様なイメージを持っていただければ良いかと思います。実験に用いる計測装置やシミュレーションに用いる計算プログラムは基本的には自作のものを使用していたのですが、自分で作ったものを使って、新たな発見が得られた時の喜びは、何物にも代え難いものがありました。

 

4) 現在の就職先のこと
就職先決定にあたり私がこだわった点は主に二点で、まず一つ目が大学で行ってきた研究で得られた知識、スキルが多少なりとも活かせるという点、そして、研究寄りの業務ができるという点です。上記のような条件で就職先を探し、現在はプロセスプラズマ(半導体製造に用いられるプラズマ)に関連する研究に従事しています。
就職してから強く感じたのは、大学時代に得た経験は、業務を行う上で非常に大きな力になるということです。私の場合は大学時代の専門と近い分野の研究を行っているからということもありますが、大学時代に経験していなければ恐らく習得にそれなりの時間を要するであろう事柄が、入社一年目の現在すでに必要になっています。大学時代は自分の研究内容を中心に、様々なことに興味を持ち知識の幅を広げていければ良いのではないかと思います。

 

5) 進学を目指す方へ一言
大学院で研究を行うにあたり、学部までと最も違う点は、インプットではなく、アウトプットが最終目的になるという点だと思います。学部までの「勉強」では、知識のインプットが主目的な場合が殆どですが、大学院での研究では、今までインプットしてきた知識を使って、新しいものを創り出したり、今まで理解されていなかったことを明らかにしたりすることが目的になります。研究活動の項目でも触れましたが、自分のアイデアから新たな発見が得られた時の喜びは、それはもう、すごい。これまで砂を噛むような思いで行ってきた無味乾燥な「勉強」のご褒美としても充分お釣りが来ます。断言しますが、理工学系の専攻を選んだのであれば、大学院での研究を経験しないのは勿体ない。是非、大学院でこれまで学んできたことをフル活用して、自分だけの何かを創りあげていって下さい。



 
先頭に戻る

 

高密度エネルギー理工学   高密度エネルギー理工学
高密度エネルギー理工学 Copyright(c) 九州大学大学院 総合理工学府 先端エネルギー理工学専攻 All Rights Reserved.