本文へスキップ

原子・分子過程データを基盤とした科学の最前線

加藤研究室のホームページへようこそ
当研究室は、九州大学大学院総合理工学府先端エネルギー理工学専攻の連携講座(先端エネルギーシステム学、原子・分子・光科学分野)です。当研究室では、物質を構成する最小単位である原子や分子がプラズマ中でみせるユニークな構造、衝突過程、光の吸収・放出過程など、ミクロスコピックな現象をコンピュータを用いた第一原理計算で明らかにするための研究を行っています。また、このような原子・分子過程データを基盤としたアプローチによって、近未来のエネルギー源として開発が進められている核融合炉宇宙の高エネルギー現象(太陽や重力波天体)における物理課題に取り組んでいます。
加藤太治 (KATO Daiji)
核融合科学研究所 准教授
研究業績等 https://orcid.org/0000-0002-5302-073X

当研究室へ入学するには
九州大学大学院総合理工学府総合理工学専攻U類に入学する必要があります。修士1年前期は九州大学筑紫キャンパス(福岡県春日市)にて講義・演習、および週1回程度の遠隔ミーティングで研究課題について打合せを行います。 修士1年後期から、研究室所在地である核融合科学研究所(岐阜県土岐市)にて各自の研究課題に取り組みます。
核融合科学研究所は、核融合エネルギー利用の実現を目標としたプラズマ理工学、理論・シミュレーション、ならびに核融合炉工学研究の大学共同利用機関です。 ここには世界有数の研究設備が整っており、国内外からやってきた研究者や大学院生が研究を行っています。
経験は問いませんが、物理が好きで量子力学計算やコンピュータプログラミングをやってみたいという学生が望ましいです。詳しくは気軽にお問い合わせください。

新着情報news

       
2021年2月15日
佐々木康君(M2)が修士論文"強制非平衡イオン分光データ解析による多価イオンの電子衝突電離断面積の評価法の研究"について修論審査会での発表を無事終えました。今回は新型コロナ感染対策のため遠隔発表の様子をオンライン配信する形式が取られました。遠隔会場の設営では、専攻担当者やNIFSの大学院連携係の皆さんに大変お世話になりました。 この場をお借りして御礼申し上げます。
2020年12月23日
梅ア智暉君(M1)が研究課題"CoBITを用いたW多価イオンの近紫外−可視禁制遷移の精密分光測定"について修論中間試問を無事終えました。
2020年12月20日
佐々木康君(M2)がプラズマ・核融合学会第24回九州・沖縄・山口支部大会において、"強制非平衡イオン発光計測による多価イオン電子衝突電離断面積の実験的評価"と題して口頭発表を行い、講演奨励賞を受賞しました!
2020年12月10日
原子構造理論計算コードの共同開発の成果"Gaigalas and Kato, Crystal field module for the general relativistic atomic structure package"がComputer Physics Communications誌に掲載されました。
2020年12月9−10日
佐々木康君(M2)が原子衝突学会第45回年会において、"強制非平衡イオン発光計測による多価イオン電子衝突電離断面積の実験的評価"と題してポスター発表を行いました。
2020年12月3日
佐々木康君(M2)がプラズマ・核融合学会第37回年会において、"強制非平衡イオン分光による重元素多価イオンの電子衝突電離断面積測定の試み"と題してポスター発表を行いました。
2020年10月23日
タングステン多価イオン分光モデルに関する共同研究の論文"Priti et al., Identication of visible lines from multiply charged W8+ and W9+ ions"がPhysical Review A誌に掲載されました。
2020年10月19日
佐々木康君(M2)がNIFSのPh.D.Student Colloquiumにて、研究発表"Forced non-equilibrium ion spectroscopy for a novel experimental evaluation of e-impact ionization cross section of HCIs"を行いました。
2020年10月9日
NIFS原子分子データベースの記事"I. Murakami et al., NIFS Atomic and Molecular Numerical Database for Collision Processes"がAtoms誌に掲載されました。
2020年9月28日
新入生(M1)の梅ア智暉君がNIFSで研究を開始しました。
2020年8月26日
加藤が30th Summer School and International Symposium on the Physics of Ionized Gases (SPIG 2020)で、Topical Lecture "Compact electron beam ion trap for spectroscopy of multiple charged ions"をオンラインで行いました。
2020年7月15日
7月17日(金)17:00−18:00 当専攻のオンライン入試説明会が開催されます。        
2020年7月13日
中性子星合体に関する共同研究の論文"M. Tanaka et al., Systematic opacity calculations for kilonovae"がMonthly Notices of the Royal Astronomical Society誌に掲載されました。
2020年6月6日
炉材料シミュレーションに関する共同研究の論文"Y. Watanabe et al., Hydrogen retention behavior of primary precipitates in F82H steel: Atomistic calculation based on the density functional theory"がFusion Engineering and Design誌に掲載されました。                
2020年5月12日
サイトをオープンしました。
2020年3月23日
当研究室第1期生の惠良彰太君が、優秀専攻賞ならびにプラズマ・核融合学会九州支部大会の講演奨励賞を受賞しました。
2019年5月*日
NIFSニュース247号に研究最前線「宇宙の重元素の起源に迫る光の分析を可能に−最高精度の原子過程データを計算−」が掲載されました。
2019年2月21日
重力波天体に関するリトアニアとの国際共同研究の成果がプレスリリースされました。

当研究室の所在地

大学共同利用機関法人
自然科学研究機構 核融合科学研究所
ヘリカル研究部 核融合システム研究系
原子分子過程研究部門
〒509-5292 岐阜県土岐市下石町322-6