本文へスキップ

原子・分子過程データを基盤とした科学の最前線

加藤研究室のホームページへようこそ
当研究室は、九州大学大学院総合理工学府先端エネルギー理工学専攻の連携講座(先端エネルギーシステム学、原子・分子・光科学分野)です。当研究室では、物質を構成する最小単位である原子や分子がプラズマ中でみせるユニークな構造、衝突過程、光の吸収・放出などを量子論的レベルで研究しています。そして、このような原子・分子過程データを基盤としたアプローチによって、近未来のエネルギー源として開発が進められている核融合炉の超高温プラズマや先進炉材料、および広汎なプラズマ応用分野における物理的課題の解決に貢献します。また、天文学分野と連携して、宇宙の高エネルギー現象(太陽や重力波天体)についての共同研究も行っています。
加藤太治 (KATO Daiji)
核融合科学研究所 准教授
研究業績等 https://orcid.org/0000-0002-5302-073X

当研究室へ入学するには
九州大学大学院総合理工学府先端エネルギー理工学専攻に入学する必要があります。修士1年前期は九州大学筑紫キャンパス(福岡県春日市)にて講義・演習、および週1回程度の遠隔ミーティングで研究課題について打合せを行います。修士1年後期から、研究室所在地である核融合科学研究所(岐阜県土岐市)にて各自の研究課題に取り組みます。核融合科学研究所は、核融合エネルギー利用の実現を目標としたプラズマ理工学、理論・シミュレーション、ならびに核融合炉工学研究の大学共同利用機関です。ここには世界有数の研究設備が整っており、国内外からやってきた研究者や大学院生が研究を行っています。

新着情報news

2020年7月15日
7月17日(金)17:00−18:00 当専攻のオンライン入試説明会が開催されます。
2020年7月13日
中性子星合体に関する共同研究の論文"M. Tanaka et al., Systematic opacity calculations for kilonovae"がMonthly Notices of the Royal Astronomical Society誌に掲載されました。
2020年6月6日
炉材料シミュレーションに関する共同研究の論文"Y. Watanabe et al., Hydrogen retention behavior of primary precipitates in F82H steel: Atomistic calculation based on the density functional theory"がFusion Engineering and Design誌に掲載されました。                
2020年5月12日
サイトをオープンしました。
2020年3月23日
当研究室第1期生の惠良彰太君が、優秀専攻賞ならびにプラズマ・核融合学会九州支部大会の講演奨励賞を受賞しました。
2019年5月*日
NIFSニュース247号に研究最前線「宇宙の重元素の起源に迫る光の分析を可能に−最高精度の原子過程データを計算−」が掲載されました。
2019年2月21日
重力波天体に関するリトアニアとの国際共同研究の成果がプレスリリースされました。

当研究室の所在地

大学共同利用機関法人
自然科学研究機構 核融合科学研究所
ヘリカル研究部 核融合システム研究系
原子分子過程研究部門
〒509-5292 岐阜県土岐市下石町322-6